雑記

映画『ARGYLLE/アーガイル』観てきました

2024年3月1日(金)公開の映画『ARGYLLE/アーガイル』を近所のイオンシネマで観てきました。

実は私、『キングスマン』シリーズの大ファンなんです。

映画『ARGYLLE/アーガイル』のあらすじ

凄腕エージェントのアーガイルが、謎のスパイ組織の正体に迫る大人気小説「アーガイル」。

ハードなシリーズの作者エリー・コンウェイの素顔は、自宅で愛猫のアルフィーと過ごすのが至福の時という平和主義。

だが、新作の物語が実在するスパイ組織の活動とまさかの一致でエリーの人生は大混乱に!

小説の続きをめぐって終われる身となった彼女の前に現れたのは、猫アレルギーのスパイ、エイダン。

果たして、出会うはずのなかった二人と一匹の危険なミッションの行方はー?!

公式サイトより

映画『ARGYLLE/アーガイル』の感想

良かったところと悪かったところに分けました。

ガッツリとネタバレが含まれるので注意!!

良かったところ

  • 空想上のスパイ二人が結構イケメン。
  • キングスマン風の演出(カラフル、肩車からの銃撃シーン、血の演出もなかったような?)
  • 主人公の女性が小説家という設定。
  • やっぱサミュエル・L・ジャクソンよ。
  • 盛り上がる音楽。
  • 150分の大ボリューム。

悪かったところ

  • 現実のスパイは中年のおっさんとぽっちゃりおばさん...。
  • 最初の車のシーンのCGが若干チープだったので安い映画だなと思った。(最近Apple系の映画増えましたね。)
  • 物語が二転三転するのが良かったが、段々と四転五転してきて疲れた。(見ている人に頭使わせるのはダメでしょ。)
  • 若干寒い小ネタ。(足でツイストのくだり必要だったか?)
  • 最後の二人の肩車シーンが観てて痛すぎる(あの中年小太りおばさんを実際持てるわけないだろって)
  • 原油でスケートからの銃撃戦のくだりもブライス・ダラス・ハワードの服と胸がもうパッツンパッツンのムチムチ度MAXで草生えた。(一応プロの元スパイっていう設定だよね?)
  • 最後の最後で急に出てくる助っ人女性。(みんな予測できてた?)

総評

評価:★★☆☆☆~★★★☆☆(星2~3未満)

悪くはないんだけどなんだかな~って感じ。

『キングスマン』シリーズ好きなんだけどな~。

序盤は面白かったんですが後半はアクションシーンがハチャメチャというより俳優が「ムリしてね?」って感じ。

もうちょっとスリムな女優使うとかできなかったのかなぁ。

金髪も若干合ってなかったような...。(そのままで良かったような。)

-雑記
-